夜間のコースがある|パティシエになるなら製菓専門学校|サポートが充実している

パティシエになるなら製菓専門学校|サポートが充実している

メンズ

夜間のコースがある

スイーツ

製菓専門学校に行きたいけど、社会人として働いているから通えないと諦めている方もいるでしょう。ですが、製菓専門学校では社会人の方でも学べるコースがあります。専門学校となると、昼間のコースになっています。そのため、仕事をされている方は通うのは難しいといえます。また、仕事を退職して通われる方もいますが、入学費や授業、生活費など費用がかかってしまいます。学校に通うために仕事は辞められないという方もいるでしょう。そのような場合は、夜間コースを選ぶと良いでしょう。製菓専門学校では、夜間コースがあるところが多くあります。昼の間仕事をされている方でも気軽に通うことができますし、退職する必要はありません。時間帯としても夜に授業を行います。また、学校によって異なりますが、週4回の1日3時間の授業になっています。自分の時間を持ちながら学べるので、6割くらいの社会人が通い製菓について学んでいます。

夜間コースは社会人の方もいますが、高校卒業をされた人も入学できます。夜の授業になるので、お昼は働いて学費や生活費として稼げます。お昼働くところとして学校側がサポートしてくれるところもあります。学校側が紹介するアルバイト先としては、ホテルや飲食店を紹介してくれるでしょう。また、アルバイト先でも基本的な技術や接客マナー講習を行っているので、学校以外でも現場で様々な経験ができます。学校とアルバイトが両立できるように生徒一人一人にあったサポートを行ってくれるでしょう。